水虫の医療薬で手の症状に効くのは

水虫は、カビの一種とされる白癬菌が、皮膚の角質層に寄生することで発症します。水虫は足だけになると思っている人もいますが、一部において手や体にも感染することがあります。
手の症状は足の水虫と同様で、指の間にできたり水疱ができたりします。特徴としては、片方だけに症状が現れることが多く、角質肥大を起こして皮膚が剥けてカサカサしてきます。手の症状では足ほど痒みは出ないことが多いですが、ブツブツと小さな水疱が出てきたりします。
手の場合、比較的軽い症状のため、他の皮膚炎と間違ってしまうことが多いです。一番間違えやすいのが手荒れで、角質増殖型では痒みを伴わないため、手荒れと間違いハンドクリームを付けて済ませてしまうことが多いのです。しかし、クリームを付けていても改善されない場合には、手白癬にかかっていることもあるので、独自判断をせず医師の診断を受けることが重要です。
手の症状が現れだ時には足にも水虫が出来ていることが多いため、同時治療を行わなければ交互に発症を繰り返してしまうことになってしまいます。
足の水虫に比べて手の発症率が少ないのは、手がいつも素肌のまま外に露出しているため蒸れることがないこと、また1日に何度も洗って清潔に保たれるためです。
手の水虫の治療に使用される医療薬は、足と同様に外用薬と内服薬で行います。また、爪に症状が現れた場合には外用薬では困難なため、医療薬は内服薬を使用することになります。完治には時間がかかることが多く、その間は医師に処方された医療薬を飲み続けることになります。
白癬菌は感染がもとで発症するので、体の他の箇所にもうつしてしまったり、家族や友人にうつしてしまう可能性もあるため、決して自分では判断せず医師の診断を求めることが大切です。

ページトップへ